世界陸上2015 北京を楽しむブログ

世界陸上2015の日程、ニュース・結果などを集めてみました

世界陸上2015北京大会 24日の結果

 世界陸上北京大会3日目。女子100mではシェリー・アン・フレイザー・プライスが大会2連覇と大いに盛り上がりました。他の競技の結果をまとめてみました。

男子3000m障害 ケニア勢がメダル独占 E.ケンボイ選手大会4連覇

 男子3000m障害 結果

順位 選手名 国名 記録
1 E.ケンボイ ケニア 8:11.28
2 C.キプルト ケニア 8:12.38
3 B.K.キプルト ケニア 8:12.54

 強いケニア勢が決勝に4人を送り込み1~4位まで独占!強すぎです。

ケンボイ選手は大会4連覇とものすごい強さと髪型で場内を沸かせていました!

男子棒高跳び ルノー・ラビレニ選手またもメダルを逃す

男子棒高跳び 結果

順位 選手名 国名 記録
1 S.バーバー カナダ 5.9m
2 R.M.ホルツデッペ ドイツ 5.9m
3 P.ヴォイチエコフスキー ポーランド 5.8m
3 R.ラビレニ フランス 5.8m

優勝候補筆頭のルノー・ラビレニ選手は5.9mで失敗、銅メダルで今大会を終えました。金メダルはカナダの新星S・バーバー選手。今大会は若い選手の活躍が光ってますね。

バーバーが男子棒高跳びで金、ラビレニは銅―第15回世界陸上 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

福島千里選手 100m女子決勝進出ならず

世界の壁は厚いですね、決勝メンバーのほぼ全員が持ちタイム11秒を切るタイムですのでなかなかその一角に入ることは難しいようです。

次走200mではぜひ日本人初の決勝へと進んでほしいですね。

400m男子ではキラニ・ジェームス選手順調に勝ち上がり

ボルト2世とも呼ばれるK・ジェームス選手も予選2番目のタイムで決勝へと勝ち進みました。決勝は8月26日22:20~

新井涼平選手 男子やり投げ決勝へ!メダルも視野に!!

予選突破条件の83mを超える84m66で決勝へ駒を進めた!世界陸上、オリンピックを通じて日本選手が予選を通過するのは09年ベルリン世界陸上以来の快挙。

予選でも2位の結果にメダルの可能性も見えてきました。

男子やり投げ決勝は8月26日20:00~

男子やり投げ 決勝進出選手

順位 選手名 国名 記録
1 A.ホフマン ドイツ 86.14
2 新井 涼平 日本 84.66
3 J.イエゴ ケニア 84.46
4 V.ベゼリー チェコ 83.63
5 T.ピトカマキ フィンランド 83.43
6 B.トレド アルゼンチン 83.32
7 T.ローラー ドイツ 83.23
8 I.A.エル サエド エジプト 82.85
9 A.ルースカネン フィンランド 82.2
10 K.アムブ スウェーデン 81.63
11 R.マタス エストニア 81.56
12 J.ベター ドイツ 80.86

関連記事

 

広告を非表示にする