世界陸上2015 北京を楽しむブログ

世界陸上2015の日程、ニュース・結果などを集めてみました

世界陸上2015北京大会 26日の結果

 世界陸上北京大会。盛り上がりは200男子準決勝でした。ボルト選手、ガトリン選手の走りは見てて別次元のスピードで早くも決勝での直接対決が待ち遠しくなりましたね。

決勝は27日21:50~です

 

 男子400m決勝では金メダルの期待がかかるK・ジェームス選手に注目していましたが、序盤からハイペースで走るバンニーキルク選手をとらえる事ができず銅メダル。バンニーキルク選手はアフリカ勢初金メダルです!

 男子400m決勝

順位 選手名 国名 記録
1 W.バンニーキルク 南アフリカ 43.48
2 L.メリット アメリカ 43.65
3 K.ジェームス グレナダ 43.78

 

 J・イエゴ選手は動画を見てやり投げを始めたそうです。唯一の90mの投てきは圧巻でした。

 男子やり投げ決勝

順位 選手名 国名 記録
1 J.イエゴ ケニア 92.72
2 I.A.エル サエド エジプト 88.99
3 T.ピトカマキ フィンランド 87.64

 入賞、メダルの期待のかかる新井選手でしたがあと6センチ届かず9位でした。

【世界陸上】男子やり投げ新井、6センチ届かず 健闘も4投目へ進めず : スポーツ : スポーツ報知

やり投げと男子400、ハイレベルな戦い 世界陸上:朝日新聞デジタル

日本代表選手の結果

男子200m準決勝で最年少の決勝進出を目指したサニブラウン選手でしたが残念ながら準決勝敗退です。まだ高校生のサニブラウン選手ですので今後のリオデジャネイロオリンピック、そして東京オリンピックへとつながるいい経験だったと思います。

藤光謙司選手、高瀬慧選手も破れてしまいましたがリレーでの活躍を期待したいですね。

 福島千里選手も最後の直線で伸びずに準決勝へとは進めませんでした。

 

 

村山紘太、厳しさを痛感した世界陸上もう一度世界へ、リオはトラックで勝負 - スポーツナビ

 

広告を非表示にする